[Case358] 愉快なキャラクターに会える部報で知識向上!

人 やぁ!玉ねぎ頭の玉ねぎ丸だよょょょょ。
オーティー 玉ねぎ丸、こんにちは。どうしたの?疲れてる?
人 疲れてなんかないよ。元気満タン!ねぇオーティー、春になってきたね。
オーティー びっくりした。春だし情緒がどうにかしちゃったのかと思ったよ。
そうだね。爽やかな社会人一年生を見かけるこの季節。初々しい気分になる。
人 うん。きっとドキドキワクワクしてるよね?
オーティー 気持ちだけでも見習いたい。僕はシャックル頭に磨きをかけるよ。
人 それいいね!ミーは若者言葉の復習。
オーティー 若者言葉。例えばどんなの知ってるの?
人 マジ卍。
オーティー え。古くない?大丈夫?
人 …………大丈夫じゃない。無理。分からないよぉぉぉ。
オーティー 泣かない泣かない!きっと優しい若者たちが教えてくれるよ。
人 うん。調べようと思っててもなかなか調べきれずにいるミー。。。
オーティー あるよ。あるある。
後で調べようと思ってても、実際後になると「ま、いっかぁ」ってなっちゃうんでしょ?
人 そう。…それに調べるセンスの無さも痛感しちゃう。
「ググったら分かるよ」って言われるんだけど、知りたい事になかなか辿り着けなかったりするミー。。。
オーティー グーグルとかで検索したら色んな情報が出てくるよね。
その中から必要な情報に辿り着くまでについ寄り道しちゃったり、知らない言葉だらけで断念したり。
人 でしょ?
そこで情報システム部では月に一度部報を発刊しているんだ。
世間で話題になっているITのお話からパソコンの豆知識、社員のみんなに知ってもらったら超便利な入力の技とかを取り上げているんだ。
出っ来るだけ分かり易く説明しているんだよ。
オーティー 知ってる!愉快なヘンテコキャラクター達が登場する部報だよね?
あれ面白いし分かり易いし、旬だったりするし。丁度良くて大好き!

josys

人 でしょ?丁度良いのがミソ。オーティーみたいに楽しみにしてくれている人が多いのです♪
オーティー 日々の業務で疑問に思った事を愉快なキャラクター達が説明してくれるコーナーとかあるよね。
文章だけだとつい頭の中スルーしそうなんだけど、あの掛け合いが楽しくて熟読出来る。
人 出来るだけみんなに楽しく読んでもらえる内容にしているんだ。
どうやったらみんなに伝わるか、考えたり調べることで作る側も勉強になってる。
部報を出すことでみんなのシステム基礎知識が向上するようお手伝いしてるんだよ。
オーティー 当社で利用しているシステムの便利機能の技とか。知らなかった~って事、結構ある。
業務改善に繋がるね!
人 うん。そうやって業務改善に繋げてもらったり、知識の向上に役立ててくれたら嬉しいよ。
オーティー 役立ってる!それに知れたら得したような気分になる。自信がなかった会話にも自信が持てちゃう。
人 そうそう。それでお客様との会話のネタになればいいよね!
オーティー 有益な情報をオモシロキャラクター達が軽快なトークで教えてくれるから思わず声出して笑っちゃう。
人 笑いながら知識を増やせるって最高だよね!
でも情報システム部の人だって部報を書くためにググりまくっているんだよ。
そのスピード半端ない。ググりの申し子。
オーティー そうだね。自分で調べるからこそちゃんと頭に入っていく。調べるセンスもスピードも磨かれる。
人 でもそれがまだまだ出来ないミーは「オモシロ部報」でちょっと勉強しつつ…。
まずは色んな事に興味を持つこと。知識を増やして情報を交換出来るようなきっかけにしてるんだ。
オーティー 社会の流れや情報についていけない…なんてことにならないようにね。
人 うん。知識や情報を得たら、自信を持って色んな人たちとコミュニケーションを取れる!
お客様やみんなのお役立ちになれたらいいな。
オーティー いいね。TAIYOの新人さんたちにも部報を読んでもらおうよ!♪
人 うんうん♪ そうだ、オーティー、今度若者たちとタピりに行かない?

 

オーティー
人 このように大洋製器工業では、必要な情報や最新の情報を積極的に発信し、業務改善やお客様とのコミュケーションに役立て、顧客満足の向上を目指しています。

コメントを残す

*