[Case335]手順書で品質管理を標準化!

オーティー やぁみんな、オーティーだよ。
人 初めましてオーティー。私は品質管理課のキューシーといいます。
オーティー キューシーよろしくね! ところでキューシーとオーティー似ているね!
キューシーの名前はなにが由来になっているの?
人 はい。名前の由来は「Quality Control」の頭文字のQCから取りました。
ちなみにQCとは品質管理という意味です。
オーティー QCだからキューシーなんだね!
キューシーは話していても表情に出ないんだね。
人 私はどんな時でも考えを表情に出さないようにコントロールしていますから。
オーティー なるほど、だから頭の上があせあせしたり、もやもやしていても表情はキリッとしているんだね。
人 私はいついかなる時でも慌てるようなことはありませんよ。
オーティー キューシーは品質だけでなく表情もコントロールできるんだね!
人 常に表情と感情をコントロールして仕事にあたっています。
オーティー そんなコントロールが得意なキューシーの部署はどういった取り組みをしているの?
人 はい。私たち技術部では仕事に対して手順書を作成しています。
オーティー 手順書?それって説明書みたいなもの?
人 はい。手順書とは、技術部の若手が行っている取り組みです。
仕事の工程をstepごとに分け、説明することで初めて取り組む人でも同じレベルで仕事ができるものです。

品質管理課 手順書3

 

オーティー 初めての人でも仕事が出来ちゃうなんて、手順書ってすごい!
人 それだけではありません。手順書作成は初めて仕事をする人以外に、作成した人も振り返りができ仕事が定着しやすくなります。
オーティー なるほど! これで僕もキューシーみたいな品質管理ができちゃうね~。
人 これまでは、仕事を教えてもらい仕事をして誰かに教える方法でした。
これでは個人の頭にしか残らないし、教え方によって仕事の出来も変わってしまいます。
しかし手順書があれば、それを基に仕事を教えていくことで、
検査手順や書類などの標準化につながります。
オーティー 確かに手順書がないと忘れちゃったら誰も思い出せないもんね!
僕もなにか手順書を作ってみようかな~?
人 では私がオーティーのシャックルを検査しますので、それを基に手順書を作ってみてはいかがでしょうか?
オーティー そうだね。キューシーの検査をみて僕も手順書を作ってみるよ!
オーティー
人 このように大洋製器工業では仕事に対しての手順書を作成し標準化することによりお客様に良品質の商品を提供できるよう努力しています。

[ブログ担当:品質管理課 QC]

 

コメントを残す

*