[Case333] 吊り具のプロを目指しています!

オーティー やぁ、オーティーだよ。
人 やあ、オーティー。初めまして。僕の名前はヒロシ。ヨロシクね。
オーティー なんだか、インテリジェンスに富んだ雰囲気だね。
人 そうかな??確かに多趣味でなんでも挑戦したくなっちゃうんだよね~
オーティー 例えば??
人 あのね。読書は大好きだよ。でも最近はカメラ持参で出かける事が多いよ。神社仏閣を巡るのも好き。ドライブにツーリングも好きかな。
オーティー そうそう、ツーリングといえば、大洋製器工業は【吊る】・【固縛(とめ)る】・【運ぶ】為に必要な吊り具に長けた会社です。
人 いやいや、かなり強引だな。
オーティー だって、自慢したいだもん。ヒロシも広島での取り組みを自慢してみたらどうだい?
人 それなら、さっそく広島営業所での取り組みを紹介するよ。
オーティー 待ってました!
人 広島営業所では、今までも個人的な学習はしていたんだけどね、インプットだけで終わっていたんだよ。インプットした知識は、アウトプットすることでより理解が深まったり、他の所員にも共有することが出来るから、アウトプットはとても大切なんだ。オーティーもそういう経験あるよね?
オーティー あるある!人に話して初めて気付くこともあるな~。
人 そうそう。そこで、広島営業所では所員各々が商品や製品について学習することで身に着けた知識を、他の所員に発表する機会を設けたりしてアウトプットする努力をしているんだよ。

ISO-hiro-PHOTO02

オーティー それは大切なことだね。
人 最近はね、プチ講習会からステップアップして、知識を深めることに移行したんだ。
オーティー プチ(petit)からグラン(grand)になったんだね。
人 僕はね、今、繊維スリングについて勉強しているんだよ。
オーティー 後は、それを生かすだけだね!
人 そこが大事だよね! 営業所では週に1回、順番に成果を発表したり、クイズ形式で問題にしてお互いのレベルアップもしてるのさ。
オーティー シナジー効果だね!
人 そうだね!これからの広島営業所の成長を楽しみにしておいてよ!
オーティー
人 このように大洋製器工業では、吊り具のプロを目指して、日々インプットとアウトプットを繰り返すことで社員の知識向上を図り、お客様の役に立てるよう努力しています。

コメントを残す

*