浅絞り状態から荷を吊り上げると、ベルトスリングを痛める危険が潜んでいる!≪〇〇な吊り方は〇〇な危険が潜んでいる! シリーズ第5回目≫

前回まで4回にわたって「〇〇な吊り方は〇〇な
危険が潜んでいる!」と題して書いてきたけど
YOUたち、きちんと守って作業をしているかい。

普段やっている玉掛け方法に、実は危険が潜んで
いるかもしれないって考えたら、怖いよね。

このブログを読んで、潜んでいる危険に気付き
その危険を回避して作業をしてくれよ。

そして、このブログのことをYOUたちの仲間に
教えて、安全な作業方法を共有しちゃいなよ!
さて今回は前回に続き絞り(チョーク)吊りの話だけど
「浅絞り状態から荷を吊り上げると、ベルトスリングを
痛める危険が潜んでいる!」と題して書こうと思う。

絞り(チョーク)吊りの方法には下の図のとおり、
「浅絞り」と「深絞り」の2種類あるんだ。
ae%c2%b5%c2%85c%cc%a7%c2%b5%c2%9ea%cc%83%c2%82%c2%8a_ae%c2%b7%c2%b1c%cc%a7%c2%b5%c2%9ea%cc%83%c2%82%c2%8a-thumb-298x137-3591

いずれの絞り方も、荷を吊り上げるとチョーク部が
しっかり絞り込まれることにより荷の滑り防止に
なるんだよ。

そんな安全な玉掛け方法だけど、YOUたち
ベルトスリングで絞り吊りをするときに、
浅絞りの状態から吊り上げていないかい?

これはダメだよ!

ベルトスリングは浅絞りの状態から地切りすると、
深絞りの状態になるまでにチョーク部でずれが
生じ、摩耗してスリングを痛めてしまうという
危険があるんだ。

摩耗して痛めたスリングは耐荷重が落ち、使用し続け
ると破断事故を起こすかもしれないよ。

そんな危険な状態のスリングにさせないために、
JIS B8818≪ベルトスリング≫では、「チョーク吊り
する場合は、深絞りして吊らなければならない」と
使用基準が定められているよ。

ようするに、ベルトスリングで絞り(チョーク)吊りを
するときは、チョーク部でアイ部と本体部のずれが
起きないように、深絞りをしなければならないって
ことだよ。
「絞り」と聞くと僕はドキッとするんだけど・・・
c%cc%a7%c2%b5%c2%b5_20160829-thumb-320xauto-3593
僕は今年の夏も全然、体を絞れなかったよ(笑)

YOUたちは、ベルトスリングの「浅絞り」から
ドキッとすることがないように、しっかり
絞り込んでから吊り上げちゃいなよ!!
今回でこのシリーズ「〇〇な吊り方は〇〇な危険が
潜んでいる!」を一旦終わりにするけど、分かって
くれたかい?

YOUたちが普段おこなっている玉掛作業で、この
玉掛方法は安全なのか?正しいのか?など疑問に
感じたときは、ココから問い合わせをしてくれよ。

問い合わせをくれたYOUには、僕から連絡するから
待っててくれよな!
YOUたち、今日も一日ご安全に!!!

お問い合わせはこちら

コメントを残す

*