「質量」と「重量」って何が違うの?

毎日暑い日が続くけど
YOUたちは元気かい?
そろそろ梅雨明けが発表された地域も
多くなってきて、これからが夏本番だね。
僕の住む地域では、セミも鳴き始めているよ。
外で作業をする人たちは
こまめに水分をとるようにして
熱中症対策をしてくれよ。

さて、ここから本題に入るよ。
「カタログを見ていたら、重量とかいているところや、
質量とかいているところがあるけど何が違うの?」
という質問をもらったんだ。
確かに玉掛け作業をするときに使う
商材の重さは、気になるポイントだよね。
どちらもよく聞くワードだし、
同じ意味で使っている人が多いと思うんだけど
皆もそうかい?
詳しく説明すると、実は別物なんだ。

まず「質量」とは、
物体がどんな環境にあっても変化しない、
物体そのものの重さのことだよ。
イメージとしては天秤にモノを乗っけて
測定する感じだね。
単位でいうと、㎏(キログラム)や
t(トン)で表すよ。

次に「重量」とは
周りの環境によって、物体にはたらく重力の大きさのことだよ。
例を挙げると、宇宙でモノを測ると、引力などの関係で
地球で測った場合と比べると重さが変わってしまうんだ。
例えば月の重力は地球の約6分の1だよ。
だから地球上では0.6㎏のシャックルも
月で測ると0.1㎏になるんだ。
重さ自体が変わったのではなくて、
周りの環境によって重量が変化したんだよ。
重量の単位としてはN(ニュートン)や
kN(キロニュートン)で表すよ。

僕たちが通常使っている「重さ」という言葉の意味は
実は「質量」の方だったんだね。

言葉の意味としてはかなり違いがあるけど、
僕たちは地球上で生活しているから、
あまり「質量」と「重量」の違いを意識して
生活しなくても問題はないんだ。
玉掛け作業も月で行う時代がきたら
話しは別だけど、
クレーン等に関する法令においても
重量も質量の意味で用いられているものがあるから、
あまり気にしなくても大丈夫だよ。

月だと重力が地球の約6分の1だから
僕も月に行って体重を測ると
かなりスリムに思えるよね。
いつかそんな時代がくるのかな。

イラスト_20170724

今回は話が宇宙まで及んで、
少し理科の授業みたいになってしまったけど、
YOUたちは理解してくれたかい?

補足だけど、玉掛け作業をするときは
商材自体の重さも重要なポイントとなってくるから
ちゃんと事前に確認して選んでくれよな。

YOUたち、今日も一日ご安全に!!

お問い合わせ