安全率が5倍だから大丈夫?

  • #シャックル
  • #吊り具選定

昨日は海の日だったね。
3連休だったからどこかに出かけた人も
多かったんじゃないのかな?
最近では海に入るときラッシュガード
を着ている人が多いよね。
僕が小さかった頃は、そんなオシャレで
実用的なものが無かったから、
体中、日に焼けて真っ黒になりながら
遊びまわっていたよ。
これも夏のいい思い出だよね。

さて、ここから本題に入るよ。
今回は安全率に関して、問い合わせがあったから紹介するよ。
「使用荷重1tのシャックルで、
安全率が5倍ってことは、5tまで吊っていいの?」
という質問をもらったんだ。

答えはノーだよ。
使用荷重が1tのシャックルを使うときは
必ず1tまでで使用してくれよ。

ではYOUたち、安全率ってどういう意味かわかるかい?
安全率とは、シャックルなどの玉掛け用具の破断荷重と、
使用するときにかかる最大荷重との比を表しているんだ。
簡単に言うと、使用荷重以上の力がかかってしまった場合を
想定して作られている倍率のことだよ。
「1t吊るためには色々な不可抗力も考えて、
これくらいの力が必要」
っていうことが法令で決められているんだ。

だからクレーン等安全規則やJISでは
シャックルの安全率は
5倍以上となっているよ。
カタログにも5倍とかいてあるね。

カタログ_図

質問をくれた人は、玉掛け作業をするとき、
シャックルにショック荷重が加わって、
そのときの瞬間の力が1t以上かかりそうだったから
安全率5倍だし、5tまでは大丈夫かな?
と思ったみたいなんだ。
確かに、玉掛け作業をしているときに
外部からの色々な動きが加わって、
吊り具に一気に負荷がかかる場合もあるよね。

ただ、安全率っていうのは
使用荷重じゃないから、この場合みたいに1t以上の力がかかるって
前もってわかっているときは、1t以上のシャックルを
選定するようにしてくれよな。

毎日玉掛け作業をしている人たちは
感覚的に「これくらい大丈夫だろ。」と
思う場面もあるかと思う。
だけど、使用荷重はちゃんと守って欲しいんだ。
使用荷重が1tのものは1tまでしか吊らない。
安全率が5倍だからといって
5tまで吊れると絶対に思わないでくれよ。

安全率と似たような話で
原付バイクの法定速度は30キロなのに対し
なぜか60キロまでメーターがあるんだ。
これは、30キロ出すためには
それ以上の力が必要だからだよ。

20170718_イラスト

スピード違反で捕まったとしても
「じゃあなんで60キロまでメーターがあるんだよ!」と
逆切れしたりしないでくれよな。
YOUたちは、ちゃんと大人の対応をしてくれよ。

YOUたち、今日も一日ご安全に!!

お問い合わせ