ラウンドスリングはワイドに受けてくれよ!

  • #吊り方について
 
いつも、見てくれてありがとう。
 
YOUたちの周りでも、先週は雪が降った地域が
多かったんじゃないかい?
 
立春を迎えたかと思ったら、
いきなり大雪で寒暖の差が激しいから
体調管理には気をつけてくれよ。
 
今回は、ラウンドスリングの強度低下について
書いていこうと思う。
 
下の図とグラフをよく見てくれよ。
 

 

(a)試料:心体ポリエステル 最大使用荷重 2t
          :心体ポリアリレート 最大使用荷重 10t
(b)厚さtは、最大使用荷重の3%の初荷重をかけた時の厚さである
    (詳しくはJIS参照)
 
ラウンドスリングが装着される部分の径(D)と、
ラウンドスリングの厚さ(t)との比 、D/t が
強さ保持力に影響するんだ。
 
ワイヤロープで言うD/dのことだよ。 
 
例えば、心体ポリアリレート(インカ ヘビーラウンドスリング)が
D=60mm t=20mmの場合には
D(ピン径)/t(厚さ)=3
強さ保持率は、約80%になっちゃうよ。
 
実際破断荷重を100%とした場合、
80%の強さ保持率まで落ちちゃうってことなんだ。
 
ラウンドスリングの素材によって
強度低下の率が違うけど、 
ポリエステルなどの一般品は
2以上が望ましいね。
 
また、ポリアリレートなど高機能系の繊維は
4以上が望ましいよ。 
 
他の玉掛け用具と連結して使用する時は、
シャックルやフックなどを使うことが多いけど 
ラウンドスリングが適正に装着出来て、
最大使用荷重にあった吊り具を使っちゃいなよ。
 
使う際には、ラウンドスリングの装着される部分の径(D)を
こんなふうに太くしたりする必要があるよ。
 
 
このシャックルはスリングシャックルって言うんだけど
その名の通り、シャックル本体のUの部分が
幅広くなっているんだ。
 
ラウンドスリングとの相性は抜群だよ。
 
このD/tの考え方を例えて言うなら、
針と太鼓で使うバチで自分の手を
刺したことを想像してみよう。
 
絵_2014021001.png
 
針で刺せば当然痛いよね。
(よい子はマネしないように)
 
つまり、Dの部分が小さいときは
あたり面が少なくて、ラウンドスリング本体も
痛いって言っていると思うんだ。
 
だから、写真でもあったようにあたり面の広い
玉掛け用具を選択してあげることで、
よりラウンドスリングには優しいんだ。
 
ラウンドスリングとの連結の際には注意してくれよ。
 
今回で、ラウンドスリングについては
終わりにしようと思う。
 
次回の内容はまだ言えないけど、
これからも、YOUたちが困っていることを
1つ1つ解決していっちゃうから、
次回もまた見てくれよ!
お問い合わせ