便利な吊り具を紹介しちゃうよ ~H鋼を吊るときは?~

YOUたち明けましておめでとう!!
お正月休みは満喫できたかな?
親戚みんなで集まったり、海外に旅行に行った人もいるんじゃないかな?
僕は家でとても充実した日を過ごしていたよ。
年末は紅白で安室ちゃんを見ながら年越しそばを食べて、
笑ってはいけないを見ながら美味しいお酒を飲んで、
年が明けると「君の名は。」を見ながらお節料理とお餅を食べたよ。
もうYOUたち気付いているよね。
そうだよ。ほとんど動かずに食べたり飲んだりしていたんだ・・・。
お正月休みも充実していたし、僕のおなか周りも一緒に充実してきたところだよ。
そんな僕の今年の目標は「去年よりも体重マイナス10㎏!」
「ミスターT アウト!」ってならないようにぼちぼち頑張るよ。

さて、ここから本題に入るよ。
玉掛け作業をしているときに、
こんな便利な吊り具があったらいいなと思うことってあるよね。
今回から僕がシーン別に便利な吊り具を紹介していくよ。
記念すべき2018年の一回目は、
H鋼を吊るときに便利な吊り具を紹介しちゃうよ。

YOUたちはH鋼を吊るときどうやって吊っているかい?
シャックルを使ったりしていないかい?
もしもYOUたちがシャックルを使って吊っていたらオススメしないよ。
理由はこんな風になっちゃうからね。

20180109_シャックルNGイラスト

まずシャックルは横吊りをしてはいけないよ。
このままだと本体にダメージを受けて、
シャックルが歪んだり、破断する原因になってしまうんだ。
僕だったらH鋼を吊るときはこれを使うよ。

KT-1イラスト

名前は「TAIYO梁吊り具 KT-1」
何といってもこれはH鋼を吊るための吊り具だからね。
特徴はワンタッチで簡単に取り付けができることだよ。
もしもシャックルでH鋼を吊っていたら、ボルトやナットを絞めるとき
うっかり落としてしまって、事故に繋がる危険性もあるよ。
KT-1だとボルトやナットがないから
簡単に取り付けられて、作業もスムーズに行えるよ。
あと、便利なのが縦横兼用だってことだよ。
吊り荷重は縦吊り3t、横吊り2tまで対応しているから
これがあれば縦でも横でもすぐに吊り作業ができてしまうよ。
KT-1についてもっと詳しく知りたいと思ったYOUたち、
僕に一声かけてくれよな。いつでも相談にのるよ。

KT-1の特徴はワンタッチで取り付けできることだって説明したよね。
そう、ワンタッチ。
今年の干支はYOUたち覚えているかい?
そうだよ。戌年だよ。

20170109_イラスト

新年早々くだらないおやじギャグを言ってしまったね。
こんな僕だけど、今年も玉掛け作業に関わることをどんどん発信していくから
楽しみにしていてくれよ。
YOUたちにとってたくさん幸せがやってくる年になりますように。

YOUたち、今日も一日ご安全に!!

お問い合わせはこちら

コメントを残す

*