おたふくシャックルは、こんなとき選ぶんだよ

  • #吊り具選定

今回は、シャックルの選び方についてだ。
前回のブログで、「シャックルは玉掛け作業や連結作業になくてはならない存在」と書いた。

シャックルを実際、使うに当たり「 何を選べば良いのか分からない?」 って言う、YOUたちに、シャックルの選び方について教えよう。

シャックルには、大きく分けてストレート形とバウ形が有るよ。
ストレートシャックルとバウシャックルだ。

軽量シャックル.jpg

ストレートシャックルの意味は名前の通りストレートだ。
どこがストレートかは見て分かるよね。
「じゃぁ、バウシャックルってなに?」って思っちゃうよね。
バウシャックルを英語表記だとBow Shackleなるよ。
Bow=弓
上の画像を見てみるとストレートシャックルのストレート部分が弓なりになっているよね。
だからバウシャックルって言う。

また、バウシャックルは、この「しもぶくれ 」の形から「 おたふくシャックル 」と呼ばれたりしている。

なんとなく、分かるような気がするよね。

「 じゃあ、ストレートとバウシャックルの使い分けってどうするの?」 ってことになる。
通常は、ストレートシャックルを使うことが多いようだ。これは、「 昔から使っているから」って言う 場合が多い様だが、同じ使用荷重のバウシャックルと較べて「 質量が軽い」 「 値段が安い」と言う特徴が有るよ。

バウシャックルは、見た目の通りフトコロが大きく複数のロープを掛けて使う場合に適している。
と言うのも、シャックルに複数ロープを掛けるときは、絶対にロープ同士が重なることがないようにしなければならない。重なった取り付け方をすると、ロープ同士が擦れ合ったり、潰しあったりしてロープが損傷する。しかも力がロープに均等にかからなくなり危険な常態になるから気をつけろよ。

シャックルの選び方ガイド

複数のロープを掛けて使う場合は、バウタイプのシャックルをおすすめする。
YOUたち、おぼえておいてくれよ!

↓問合せ、質問は↓

こちらまで!!

お問い合わせ