「玉」を泣かせないでくれよ!

最近はなかなか明るいニュースがなくて、なんかいいことないかなー、なんて言葉がついつい口をついて出てしまうことが多いんだ。

今年の新卒の後輩に、最近なんかいいことなかったかい?って聞いてみたら、

「ずっと探してたユ〇チャームのマスクが、なにげに入ったコンビニに偶然あって、しかもそれがまさかのラスト1個だったから、思わず小躍りしちゃいました!家に持って帰ってからも、家族みんなで小躍りして喜びました!」

うーん、眩しい!そうだねえ、マスク一枚に幸せを感じられるその感受性、僕は忘れてしまってたねえ。

 

ムムム、僕もなにかなかったかな、小躍りするような明るいニュース。

・・・あっ、そうだ!

YOUたち、突然だけど将棋に興味はあるかい?

興味あるYOUは知ってると思うけど、最近藤井聡太7段の活躍がすごいよね。

ついこないだも史上最年少で「棋聖」のタイトルを獲得したね!

おめでとう!

しかも、もうひとつのタイトルである王位戦も現在2連勝中で期待が高まっているよ。

若い人ががんばっている姿を見ていると、自分もがんばらなきゃなって前向きな気持ちになれる気がするよ。

おめでとうと同時に、ありがとう!

 

ちなみに、将棋の大事な駒として「玉将」があるよね。

あれ?玉将・・・玉掛けの玉じゃないか!

前回も強引に玉突きとかけて話をしたから、またダジャレかいってYOUたちもいるかもしれないね。

ごめんよ。

 

ちゃんと謝ったから、ここから本題に入るよ。

将棋の玉(昔は王将はなくて玉将だけだったらしいよ)は相手に取られたら負けてしまうから、とても大事なものだよね。

その大事な玉を、飛車や角、金や銀といった駒が守っているわけだね。

 

これは、玉掛け作業でも同じだよ(やっぱり強引かな?)。

大事な玉である荷物を守るために、いろんなことが考えられているよ。

今日はそのひとつとして、保護具の紹介をするよ。

次の写真を見てほしい。

 

無題

 

無題1

 

上の写真が化学繊維製のコーナーパッドで、下の写真がアルミ製のワイヤプロテクターを使用している例だよ。

これなら吊り荷を傷つけることがなく、その上玉掛け用具も守ってくれるから安全性も高まるよね!

 

そもそも保護具は、角張った荷や傷つきやすい荷なんかを吊るときに、玉掛け用具や荷を保護するために用いられているんだ。

種類としてはいろいろあって、スリング用原反を加工したもの・麻布・ゴム板・鋼鉄製、アルミ製等様々な当てものが使われているよ。

YOUたちも大事な吊り荷である玉を守るために、適切に保護具も使ってみてくれよな!

 

将棋で有名なセリフとして「銀が泣いている」ってのがあるんだけど、玉掛け作業では吊り荷を雑に扱ったりして「玉が泣いている」ってことにならないようにしてくれよ!

 

無題2

 

将棋の玉も、吊り荷の玉も、どっちも大事に守ってくれよ。

YOUたち、今日も一日ご安全に!

お問い合わせはこちら

コメントを残す

*