「この綱がいいね」とYOUが言ったから

6月2日はロープ記念日。

というわけで、YOUたち、明日は「ロープの日」だよ。

毎年このブログでも書いているから、もう知ってるよってYOUたちも多いかもしれないね。

「ロ(6)ープ(2)」と読む語呂合わせからきてるらしくて、ワイヤロープ業界の認知度向上と、その安全の啓蒙が目的で制定されたんだって。

ロープのことは「綱(つな)」とも言うよね。

まあ一年に一度のことだから、この日の前後ではあらためてワイヤロープの安全のことを考えてみるって日にするといいんじゃないかな。

 

ところで、タイトルと最初の文章でピンときたYOUたちは、ひょっとして40代以上かな?

さっき僕の30代中頃の友達に「このタイトルでなにかピンとくる?」って聞いてみたんだけど、ピンときてなかったからね。

昔流行ったよねえ、サ〇ダ記念日。

おっと、年がバレちゃうかな。

まだまだ気持ちは若いつもりだから、これからも若い人に負けないようにがんばっていくよ!

・・・具体的になにが?って言われると、まいっちんぐ〇チコ先生なんだけどね。

 

さて、ここから本題に入るよ。

「ロープの日」の趣旨にちなんで、安全に関するところでひとつ紹介するね。

YOUたちは「玉掛けワイヤロープ」と「台付けワイヤロープ」って聞いたことあるかな?

まだ聞いたことないよーっていうYOUたち、このふたつの違いはすごく大事なことだから絶対に覚えておいてほしいんだ!

大きな違いとして覚えてほしいことってのが、「玉掛けワイヤロープ」は玉掛け作業に使用できるけど、「台付けワイヤロープ」は玉掛け作業には使用できないってことだよ。

とりあえずこれは絶対に覚えておいてくれよな!

っていうのも、いまでも玉掛けワイヤロープの置き場に、台付けワイヤロープが並んでいるってのを実際に見ることがあるからだよ。

台付けワイヤロープは荷を固定したりする時に使用するものなんだ。

下の表を見てほしい。

 

玉掛け、台付け

 

右の台付索(台付けワイヤロープのこと)は、加工法に規定もなくて安全率も4倍以上と玉掛けワイヤロープと比較して条件がゆるいんだ。

当然、これだけ見ても玉掛け作業に使用したら危ないってのがわかるよね。

クレーン等安全規則でも次のように規定されているよ。

 

(玉掛け用ワイヤロープの安全係数)第213条

事業者は、クレーン、移動式クレーン又はデリックの玉掛用具であるワイヤロープの安全係数については、六以上でなければ使用してはならない。

 

安全率が6倍以上でないと玉掛け用のワイヤロープとしては使用できない、そう書いてあるんだ。

法令で定められているから、それを守らなきゃならないってのも当然のことなんだけど、YOUたちには法令で定められているからってだけじゃなく、それを守らないと事故を起こしてしまう、最悪の場合は死んでしまうってことを意識しといてほしいんだ。

いつも言ってるけど、自分の身は自分で守らないとね。

だから絶対、台付けワイヤロープは玉掛け用には使用しないでくれよな!

 

無題

 

「この玉掛けワイヤロープがいいね」ってYOUたちは必ず言ってくれよな!

YOUたち、今日も一日ご安全に!

お問い合わせはこちら

2 thoughts on “「この綱がいいね」とYOUが言ったから

  1. ロープ記念日の今日、ふと現場で見かけた光景。コンクリート打設用鋼管を天井からぶら下げていたのが、幅40mmのナイロンスリングでした。上下に振動していました。吊り荷重が変動する場合、ワイヤーロープの選定に関して留意することがあれば教えて下さい。たとえば、衝撃係数を30%見込むとか。

    1. コメントいただき、ありがとうございます。
      衝撃に関しましては、玉掛け作業時には振動や衝撃を避けて使用いただくことが前提条件です。
      ただ、実際にはそういった条件が働く作業もありますので、ワイヤロープの業界では安全率を
      10倍で設定していただくようお願いしています。
      根拠としては、過酷な条件で使用されているエレベーター用ワイヤの安全率が10倍である、
      という条件を参考としています。
      ただ、法令や文献等では確認できない内容ですので、参考として捉えていただくようお願い
      申し上げます。

コメントを残す

*