今月の一品! 強力長シャックル1.25tを紹介するよ

YOUたち今週末はバレンタインだよ。
おじさんになっても、チョコをもらうと嬉しいよね。
学生の頃、靴箱を開けたらチョコが溢れ落ちてきた頃が懐かしいな。
その中には女子からの手紙も入っていて、それを見つけた友達にからかわれたりして。
・・・・・。
気づいていると思うけど真っ赤な嘘だよ。
僕の学生時代のバレンタインは、ひっそりといつもと変わらないちょっとビターな一日だったよ。
そう、バレンタインだけにね。

さて、ここから本題に入るよ。
今日は久しぶりに今月の一品を紹介するよ。
今回紹介するのはこちら

TSL125(IMG_1520) (1)

普通の強力長シャックルじゃないか!って思ったYOUたち
そうだよ。おなじみの強力長シャックルから新しいサイズが出たんだ。
その名も「強力長シャックル TSL-1.25t」!
今まで一番小さいサイズがTSL-2.5tだったんだけど、それよりもコンパクトなタイプが欲しいという声にこたえて、使用荷重1.25tタイプが登場したよ。

この強力長シャックルTSL-1.25t(以下:TSL-1.25t)の特長は、なんといっても、このコンパクトなサイズ感。
TSL-2.5tと比べるとよくわかるよね。

blog_tsl125_1

同じ1.25tのJISシャックルSCタイプと比べてみるよ。

blog_tsl125_4

例えばこの吊りピースを吊り上げる場合、JISシャックルだとL1寸法が110mm以上のSC-28(使用荷重:4.8t)が必要になってくるよ。
使用荷重もオーバースペックになるし、ピン径もその分大きくなるから穴に入るか気になるところだよね。
でもTSL-1.25tを使うと、L1寸法が110mmで、シャックルのふところが深いから、吊りピースの穴の位置にも対応できるんだ。

TSL-1.25tは今までの強力長シャックルに無かった特長があるんだ。
下の写真をよく見てくれ。

blog_tsl125_2

割ピンが今までの強力長シャックルと違って、スナップピンになっているよ。
ペンチを使って割ピンを割る作業がいらないし、取り外しもワンタッチで簡単になったんだ。

今日は強力長シャックルシリーズの新しい仲間、「強力長シャックルTSL-1.25t」を紹介してきたよ。
YOUたちも使ってみたくなったんじゃないかな?
気になったYOUたちは僕に一声かけてくれよ。

冒頭でも言ったけど、今週末はバレンタイン。
本命チョコでも義理チョコでも、僕は誰よりもありがたく受け取るから、このブログを読んでくれている女子たちはよろしくね。
でも一応、何も貰えなかった時の場合に強力長シャックルを見習おうと思うんだ。

イラスト_20200210

そう、ふところの深い男に僕はなる!

YOUたち、今日も一日ご安全に!

お問い合わせ