インカラウンドスリング、ヘビーラウンドスリングの点検方法を紹介しちゃうよ!

YOUたち、だいぶ寒くなってきたけど体調を崩したりしていないかい?
朝晩はかなり冷えるようになったよね。
今年の忘年会は僕が幹事だから、美味しい料理と美味しいお酒が飲めるお店を探しているところだよ。
え?気が早いって?
そんなことないよ!
忘年会シーズンはどこのお店もすぐにいっぱいになるから、早めにチェックしておかないといけないんだ。
玉掛け作業と一緒で、準備が大切だよね。
YOUたちもオススメのお店があったら僕まで教えてくれよ。

さて、ここから本題に入るよ。
先週はインカリフティングスリングの点検方法を紹介したね。
今週はインカラウンドスリングとヘビーラウンドスリングの点検方法を紹介していくよ。

ラウンドとヘビー

玉掛け用具の点検には作業前に行う「日常点検」と、毎月1回以上行う「定期点検」があったね。
YOUたち覚えててくれてたかな?
まずは表面の布、接合部なんかを点検していくよ。
目視で確認して、アイ・本体などの表面布が破損しているもの、芯体が確認できるものは廃棄してくれよ。

表面布

次に全体を手で触って、部分的に硬いところが無いか確認するよ。
芯体が中で切れたりすると、一か所に偏っていくから他のところと比べると硬く太くなってしまうことがあるよ。
芯体が部分的に硬くなって、太さの不均一さが目立つものは廃棄してくれよ。

芯体PNG

最後に外観の異常が無いかもチェックしてくれよ。
アイ、本体などの表面布に、摩擦、熱、薬品などによる著しい毛羽立ち
変色、着色、溶融、腐食なんかの異常があるものは廃棄してくれよ。
汚れがひどくて使えるかどうかわからないものも廃棄してくれよな。

ここからは毎回じゃなくてもいいから、月に一回の定期点検で見ないといけないことを説明するよ。
YOUたちは使用期間を覚えているかな?
屋内で使用する場合は、使用開始後7年を経過したもの
常時屋外で使用する場合は、使用開始後3年を経過したもの
この条件に当てはまるものは廃棄してくれよ。

今日はインカラウンドスリングとヘビーラウンドスリングの点検方法を紹介してきたよ。
YOUたちわかってくれたかな?
安全に玉掛け作業をするためにも日常点検、定期点検を疎かにしてはいけないよ。
何事も準備は大切だからね。

20191111_イラスト

そう、忘年会の準備も一緒だよね。

YOUたち、今日も一日ご安全に!

お問い合わせ