ショットブラストをするYOUたちへ!荷と一緒に玉掛け用具も削られているよ!!

気温が高めだったお正月休みとは逆に、先週から
一気に冷え込みが強くなったね。僕の周りでは
マスク姿の人が増えているけど、YOUたちは
元気に過ごしているかい。

防寒対策のために、いっぱい着込んで現場に
出る人もいると思うけど、動きが鈍くなるような
着込み方はしないでくれよ。事故の元だよ!

 

さて、今回の話題に入ろうと思う。

今回は僕がある工場を訪問したときに見た
事例を取り上げ、「ショットブラストをする
YOUたちへ!荷と一緒に玉掛け用具も削られて
いるよ!!」と題して書くよ。

以前、僕はある工場の人からチェーンスリングを
見に来てほしいと依頼を受け、訪問したんだ。

訪問すると、マスターリンク、チェーン、
カップリング、フックがセットになった
チェーンスリングがあったんだ。

そのチェーンスリングは、いつ破断しても
おかしくない状態まで摩耗していて、しかも通常、
摩耗はある部分に集中して発生するけど、その
チェーンスリングは、全体が摩耗していたんだよ。
チェーンスリング
使用方法を確認すると、荷を吊ったまま
ショットブラストをしているってことだった。

YOUたちの中で、ショットブラストの
作業をしている人はいるかい?

ショットブラストとは、投射材と言われる
細かな粒体を対象物に衝突させ、対象物の
表面を研磨する加工のことなんだ。

研磨するということは、削るということだよね。
僕が訪問した工場では、荷(対象物)と一緒に、
チェーンスリングも削られていたんだよ。

削られたチェーンスリングは、耐力が落ちるから
危険だって覚えておいてくれよ。

その危険を避けるためには、チェーンスリングを
摩耗させない(削らない)ようにすれば良い
んだよ。例えばチェーンに保護管やゴムホース
などの保護材を取り付けるのも良い方法だから
一度、試してくれよ。

もし、玉掛け用具の保護の仕方が分からな
かったり、玉掛け作業に不安があるなら、
ココから問い合わせをしてくれよ。
僕たちから回答させてもらうよ。

 

チェーンスリングを保護すれば良いとはいえ、
チェーンスリングの全体を保護材で覆うことが
できない場合もあると思う。

その時は、玉掛け用具の点検が重要になって
くるよ。特に、投射材が当たる玉掛け用具の
箇所の摩耗具合を点検してくれよ!

参考資料としてチェーンスリングメーカー、
マーテック株式会社の点検・廃棄基準を
添付しておくから、役立ててくれよ。
点検廃棄基準

 

摩耗、擦り減る、削る、など連想していくと・・
絵_20170116
お正月休み中に大きくなった体を、細くしたい
なって思っている人もいるんじゃないかい?

たとえダイエットをしたいと思っても、自分の
体にショットブラストはしちゃだめだよ!(笑)

 

YOUたち、今日も一日ご安全に!!!

お問い合わせはこちら

コメントを残す

*