ワイヤロープの基本を振り返ろう ~ワイヤの「より」と「キンク」編~

YOUたち!元気に玉掛けしているかい?
僕の最近の楽しみといえば、週末に食べ歩くことなんだ。
地元を散策しているんだけど、新しいお店を発見できてとても面白いんだ。
ここ最近食べた中で、一番印象に残っているものはジェラートだよ。
玄米茶のジェラートを初めて食べたんだけど、抹茶とはまた違ってすごくおいしかったんだ!
え?ダイエットをしていなかったかって?ダイエットは平日限定にすることにするよ!

さて、ここから本題に入るよ。
先週はロープの日にちなんでワイヤロープの基本を振り返ってきたね。
今週も引き続きワイヤロープについて説明していくよ。

ワイヤロープは素線をより合わせたものをストランドといって、そのストランドを繊維心のまわりに数本より合わせて作ったロープのことだったよね。
このワイヤのよりには「普通より」と「ラングより」の2種類があるんだ。
「普通より」と「ラングより」はストランドのより方向とロープのより方向によって区分されるよ。
ロープのより方向とストランドのより方向が違うものを「普通より」
同じものを「ラングより」と呼ぶんだ。
さらにストランドをよる方向によってZより(左より)とSより(右より)があるよ。

一気に説明したから、少し難しかったかもしれないね。
下のイラストを見てくれ。

普通ZよりSより

これは普通よりのイラストだよ。
普通よりはラングよりに比べて摩耗度合いは劣るけど、
よりが戻りにくくて、キンクを起こしにくいから取り扱いしやすいワイヤロープなんだ。
一般的な玉掛け作業には「普通Zより」が使われるよ。

次はラングより。

ラングZよりSより

ラングよりは、表面に現れている素線が長くて、ロープ表面が円滑だから摩耗に強い特長があるんだ。
例えばロープウェイなんかに使われるよ。
でも、よりが戻りやすくロープが回転しようとする力が大きいから
キンクが起こりやすいっていう欠点もあるよ。
だから取り扱いには十分気を付けてくれよ。

さっきから出てきているキンクってなんだったか覚えてるかな?
ワイヤのよりが局部的に詰まったり戻ったりしているもののことだよ。
キンクにはプラスキンクとマイナスキンクの2種類があるんだ。

キンク

一旦キンクが生じるとその損傷は永久的で、外観では直ったように見えていても、
そこが弱点になってワイヤロープは早く傷んじゃうよ。
だからキンクが発生しているワイヤは廃棄してくれよな。

外観では直ったようでも強度低下は残るなんて見た目だけでの判断は危険だな。
それは人にも言えることだよね!
先週ブサイク芸人と言われるYちゃんと、女優さんの結婚が話題になったよね。
とても素敵なお二人で温かい気持ちになったよ。
このニュースを見て、僕も結婚できるんじゃないかと勇気が出てきたんだ。
その時はYOUたちを結婚式に招待するから楽しみにしていておくれよ!

20190610_イラスト

YOUたち、今日も一日ご安全に!

お問い合わせ