玉掛け作業に使っているその被覆付きワイヤロープはJIS品かい?

  • #ワイヤロープ

先週末は街中がキラキラのクリスマスだったね。

洒落たディナーを楽しんだ人、ホームパーティで
はしゃいだ人もいたと思う。

そんな楽しい一大イベントの余韻が残るなか、
年内最後の週になったね。

お正月休み直前で、つい浮かれ気分になって
しまうけど、玉掛け作業をするYOUたちは
注意してくれよ。現場に出たら気を引き締めて
作業をし、怪我をしないで年を越してくれよな!

 

さて、そろそろ今年最後の話題に入ろうと思う。

今回は「玉掛け作業に使っているその被覆付き
ワイヤロープはJIS品かい?」と題して書くよ。

下の画像は、ビニールで覆われているワイヤ
ロープで「被覆付きワイヤロープ」って
呼ばれているものなんだ。
%e8%a2%ab%e8%a6%86%e4%bb%98%e3%81%8d%e3%83%af%e3%82%a4%e3%83%a4
YOUたち、被覆付きワイヤロープを
触ったことがあるかい?

ワイヤロープを触ると、油で手が汚れてしまう
よね。でも、被覆付きワイヤロープの場合は、
触っても被覆のおかげで手が汚れないんだ。

ということで、綺麗な箱物の装置を製造している
工場などでは、手や荷を汚すことが無い被覆付き
ワイヤロープを使って玉掛けしていることが多い
んだよ。

被覆付きワイヤロープは、そもそも見た目を気に
する装飾用に開発されたもので、重量物を吊り
上げることは考えられていなかったんだ。

いつからか被覆付きワイヤロープの被覆が、
ワイヤロープの傷みを防止する役割りを果たす
物として工場内などで便利に使われるように
なってきたんだ。

ここで注意すべきポイントがあるんだ。
それは、玉掛け用に使っている被覆付きワイヤ
ロープの耐力は明確かい?ってことだよ。

装飾用など、耐力を気にしない用途に使われる
被覆付きワイヤロープのロープ自体は、JIS外で
製造されていることが多いんだ。

JIS外のことをアウト品と言うんだけど、アウト品
はJIS品と違って、耐力などの品質がメーカーに
よって、ばらつきがあるんだ。

つまり、アウト品は耐力が明確ではないことが
あるってことだよ。

玉掛けワイヤロープを選定するYOUたちは、
使用する被覆付きワイヤロープの耐力を知って
おかなければならないよね。

被覆の中のワイヤロープがアウト品だった場合、
耐力がJIS品以下の場合があるから注意が必要
だって覚えておいてくれよな!

被覆付きで玉掛け用のワイヤロープを注文する
ときに「被覆付きJISワイヤロープ」というように、
JISって指定することで耐力が明確になるから、
注文するときに指定するのも良いと思うよ。

 

被覆付きワイヤロープのように、覆われている
モノを想像してみたよ・・
%e7%b5%b5_20161226
「人間、見た目ではなく中身が大事」なんて
ことが言われるよね。

人との関係性を、相手の中身(人間性)で選ぶ
ように、玉掛け作業をするYOUたちは、
被覆付きワイヤロープも中身が大事だって
覚えておいてくれよな!

 

今年も一年、このブログを読み続けてくれた
YOUたち、サンキュー!
年明けは1月10日(火)に公開するから
また来年もヨロシク!!

ご安全に!!!

お問い合わせ