〔Case270〕わからない時は通路を見よう!

オーティー やぁ、オーティーだよ((^ェ^))
人 長いね!とても長いのさー。
オーティー 急にどうしたの?
人 6月21日は夏至なのさー。
日本の場合は、1年の内で最も昼の時間が長くなるのさー。
明るい時間が長くなるからテンションが上がるのさー。
オーティー テンションが上がるのはポジティブでいいけど、梅雨で雨ばかりだからそんなに明るくないと思うよ。
人 細かいことは気にしないのさー。
それより改善の紹介をするのさー。
オーティー そうだね。今回はどんなことを紹介してくれるのかな?
人 今回は、東日本物流センターにお邪魔しているので、ここで改善した取り組みについて紹介するのさー。
倉庫内の改善になるけど、通路を見てみて。

通路棚番地

オーティー 通路に番号が表示されているね。
人 そうなのさー。
以前は通路に番地がなくて、探している製品を見つけるのに苦労していたのさー。
オーティー 倉庫内が広いから、製品を探すのに時間がかかるね。
人 時間もかかるし、似たような製品だと間違えることもあったのさー。
でも、番地を表示することによって、探す時間の短縮と間違いを減らすことが出来たのさー。
オーティー 間違えて出荷してしまうとお客様に迷惑がかかるから良い改善だね。
人 お客様に迷惑をかけないのはもちろんのこと、出荷するスタッフも製品の置いている場所を覚えていなくても見つける事が出来るから、新人のスタッフでも出荷する事ができるのさー。
オーティー 誰でも間違いなく出荷できるようになれば効率が上がるね。
オーティー
人 このように大洋製器工業では、効率化と間違いを減らすことでお客様に迷惑がかからないようにするための改善に取り組んでいます。

[ブログ担当:坊主頭]

コメントを残す

*