[Case260]ベストパートナーは誰だ?!

人 おはよう!オーティー!
オーティー やぁ、りらく。最近はすっかり暖かくなったね。
人 そうだね。もう4月だから花粉もたくさん飛んでいて大変だよ。
オーティー りらくは花粉症なの?先週、小太りも花粉症で辛いと言ってたよ。
人 そうなんだ、小太りと同じだね。今年はひどくて・・・
オーティー それはしんどそうだね。
人 辛いけど、春にしかできないことはやりたいと思っているよ。
オーティー へー!それはいいね。花見かな?
人 花見だけでなく、アウトドアスポーツもしやすい気候だから、

花粉症が辛くてもやってくるよ。

オーティー この時期の限定というと、新入社員が入ってきたんだよね?
人 うん、4月から新しい仲間が増えたよ。

やっぱり新入社員が入ってくると社内にもフレッシュな空気が漂ってきていいね。

オーティー それはそうと、大阪支店の取り組みを教えに来てくれたんじゃないの?
人 そうだった!今から話すね。実は大阪支店では、

少し前から「パートナー制」を導入したんだよ。

オーティー へー。何のパートナー?
人 営業担当者と内勤のパートナーだよ。
オーティー 営業担当者に対して内勤が付くということかな?
人 そうなの。もちろん全てをそのパートナーが対応するという訳ではないけどね。
オーティー パートナーがいると何かメリットがあるの?
人 もちろんあるよ。パートナー制をとることでお客様からの問い合わせ窓口が

明確になって、よりよい対応が出来るようになってきたよ。

オーティー そういったメリットがあるんだね。これがそのパートナー表だね。

なるほど。これを見て電話を繋いだりお客様との打ち合わせ内容を

引き継いだりするんだね。

ISOブログ

人 営業担当が、お客様との打ち合わせ内容をパートナーに引き継いで、

早く正確に対応できるだけでなく、パートナーがすぐにわかることで、

電話でのお問い合わせの際も誰が対応中なのか探す時間が無くなって

迅速に対応できるようになったよ。

オーティー お客様との引き継ぎだけでなく、社内の対応のスムーズさも改善したようだね。
人 お客様をお待たせないように、且つ、正確な対応をできるように取り入れた仕組みだよ。
オーティー 工夫しているんだね。
オーティー
人 このように、大洋製器工業では、お客様のお役立ちになるご提案が出来るよう

日々の業務内容から課題を見つけ、よりよい体制で対応できるようにしています。

[ブログ担当:りらく]

コメントを残す

*