活用事例一覧に戻る

工場向け金型吊り用

eフック付ワイヤスリング(4点吊り eフック0.63t仕様)の導入

TAIYO製品利用による変化

お悩み内容
金型に使用されているアイボルトの穴にフックが入りきらず、フックの先端で吊り上げている状態であり、危険な状態で作業されていました。
また、金型には様々なサイズのアイボルトがあり、それぞれに対応するよう吊り具を用意していたため、コストと効率が悪くなっていました。
導入後の効果
eフックの最大の特徴であるスリムな形状により、今まで入らなかった小さなアイボルトにも対応出来たことで、フックの先端吊りなどの危険作業を回避することが出来ました。
またeフックは1つのサイズでワイドレンジのアイボルトに対応出来るため、吊り具を多数用意する必要や、取り替える手間を省くことも出来ました。

使用製品・強み

eフック(ハイパーリング・ワイヤロープ)
- eフックは0.63tでM6~M20、1.25tでM8~M24と2サイズでワイドレンジのアイボルトに対応できます。
- アイ部のRが大きく、ワイヤへのダメージを軽減します。
- セーフティラッチは横荷重に強く、ヨーロッパ規格に適合しています。

活用事例一覧に戻る